仁信堂での日常

主に日常感じた事や臨床で感じた事をアップしていきます。

疲労度と欲

 

こんにちは!

 

我が家の赤ん坊は縦抱きがお好きで、僕が抱っこした場合はそこから右へ倒れるのがベストポジションみたいです。

 

お陰で昨日あたりから左肩から首にかけて突っ張ったような痛みがあります。(T_T)

 

左へ振り向くと最終可動域で痛みが出る。

 

まるで寝違いみたい。事実寝違いなんですけど・・・。(=_=)

 

こんな問診患者さんから

受けたことあるなぁ。なんて思っている次第です。

 

 

さて、今日の題名は「疲労度と欲

 

当たり前の話なんで真新しさは無いのですが、臨床中そういう印象が多かったので書いてみます。

 

疲れたら「晩御飯なんでもいい」なんて気持ちになったこと誰しもありますよね?

 

考えるのもめんどくさいし、手間がかかる料理なんて作る気も起きないし、外食で済ませるにしてもなるべく歩く距離が少ない身近な所を選ぶなど。

 

劫億」になるんですよね。

 

ましてやその疲労がかなり溜まってしまうと行動をとること自体がまったく無くなってしまう。

 

人間の三大欲求

食欲」 「睡眠欲」 「性欲

 

どれも人が生きていく中で欠いてはいけない要素ですが、これらの「」から段々無くなっていく印象があります。

(注)睡眠欲は、「無い」というよりは「眠れなくなる」といった印象

 

特に実体験で耳に残ったのがあって、それは・・・。

 

「好きな事だったのに、やる気がまったくでなくなっちゃった。」

 

という証言が多く、唯一の趣味となるものすらやらなくなると「いよいよやばいかも・・・?」

と危機感を覚えて鍼灸院に来院される人が結構多かった気がします。

 

うつの初めはこういった気分なのかも知れません。

 

割と一つの事にストイックな考えを持っている人が多く、前回の記事でも書いた無自覚な頑張り屋さんタイプ

 

日常で疲れやすいんでしょうね(>_<)

 

他人についての話でも「あの人最近老けたよね?」という話を身近な人や芸能人に対して囁いたりしますが、疲労と老化は同義になると個人的には思います。

 

赤ちゃん抱っこして左肩痛めて、人の事言える立場ではないのを重々承知した上での事ですが*1

 

今しばらく自分の「欲がどのぐらいあるか」を確認してみてはいかがでしょうか?(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:+_+

自覚無き頑張り屋さん

 

こんにちは!(^.^)

 

昨日家族が帰ってきました!

 

・・・逃げられていたわけでは無いです(笑)

 

妻が二人目を出産してから実家にお世話になり続け、なんだかんだ延び延びになってしまいタイミング的に昨日になってしまいました。

 

お義母さんにも荷物の整理や赤ちゃんのサポートをまだ受けているので、とても感謝しております。<m(__)m>

 

ある意味、自分にとっても新しい生活様式の始まりになりました!(*^-^*)

 

 

さて、今日は「自覚無き頑張り屋さん」について話したいと思います。

 

僕も昔はそうでした。

 

目の前に起きていることに、根性・気合が足りない等と自分自身に言い聞かせて生活していた若い時期。

 

無駄に忙しくしたりして、それこそひどい時は10分単位で予定を入れていた時期があったり、3日間全く寝ないで仕事をしていた日があったり。

 

とまぁ追い込む癖みたいなのがあったかも知れません(=_=)

 

「限界はどこだ?ギリギリはどこだ?」みたいな(笑)

 

でも結局これって普通に考えて身体にとっても悪いんです。

 

元気な若いうちはそこになかなか気づけなくて、現在までに調子を崩してきた経緯を患者さんに伺っていると見えてくるものがあり、それは「ダメージは蓄積される」というのをひしひしと感じております。

 

このダメージっていわばストレス(刺激)で、物理的ストレス(怪我や事故、食習慣等)、精神的ストレス(過去に人に言われた一言、自分の内面から来る葛藤等)によるもので後年の人生にまで影を落としているように見受けられます。

 

 

それがある規定量にまで達したらかなり強い症状が発症しているのかもしれません。

 

自覚無き頑張り屋さん」は普通に生きているつもりが結構な高カロリーで生活していることに気づいてない、もしくは薄々自分では解ってはいるんだけど変えられない状態です。

 

「この日までにここまでやりきる!」

 

「一日の終わりまでには部屋はきれいな状態じゃないと納得できない!」

 

「お酒があと少し残っていて、もう結構いい加減に酔っぱらってるんだけどもったいないから飲み切ってしまおう!」

 

あ、これ全て自分の体験談です(笑)

 

 

でもなんとなく共感してくれる人も多いと思います。

 

けじめをつけて真面目。社会で生活していく上では絶対必要な事だと思います。

 

でもこれが「気分がなんとなく乗らない日」、「もう今日は眠ってしまいたい日」でもこだわりを通す。

 

この積み重ねが身体にダメージを与えてしまいがちで、年数が経ち時間差で症状が出ている風にも見受けられます。

 

人生は一つの歴史なので過去に起きたことは無かった事には出来ない。

全てを内包して歴史が進んでいく。

 

て考えると今この瞬間も決して無駄にできませんよね?(^^)

 

だから一つは無理してる人は無理し過ぎないでください。

 

うすうす自分が頑張っちゃうタイプと気づいている人は、自分のギアをオートマチックではなくマニュアルに切り替えて「今は疲れているからここは二速の力で」、「調子良くていけそうだから5速でいったる!」

 

といった具合に意識で力をコントロールして運転するのも大事かなと思います。

 

臨機応変に力の入れ方を変えていって「いい加減さ」を「良い加減」に変えていけば心身のダメージも少ないと思います(^.^)

 

頑張る事はとっても素晴らしい事ですけど、心や身体が折れたら元も子もないので「良い加減」で日々をお過ごしくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みと感情と行動のつながり

こんにちは!

 

今日はつかの間、梅雨の時期の貴重な快晴です。

 

室内で仕事なんてやってられなくなりますね。(*´з`)

 

 

今回は前回の続きで「痛みと感情と行動のつながり」について個人的な見解ですが話していこうと思います。

 

まず最初に痛みがあるっていう事は端的に言うと「その場所の血流が悪い」っていう事です。

では、なんで血流が悪くなるか?というと血管運動神経は自律神経で動いています。

 

 

※補足

自律神経

文字通りオートマチックに動いてる神経で自分の意志ではコントロール出来ない。

 

 

つまり血流を良くしたり、悪くするっていうのは基本コントロール出来ない訳です。

(運動や呼吸法でその瞬間は一時的にはコントロール出来るかもしれないですが)

 

この自律神経。皆さんご存知の通り感情とも結びついていて多大な影響を受けていますよね?

 

イライラしたり、不安な気持ちが全面に出てしまい自律神経が乱れるとか。

 

そしてそれらがあると行動に結びついてきます。

 

対人関係で雑なコミュニケーションになったり(自覚無く横柄)、なるべく人に会わないように避けたり(あいさつも目を合わすのを避ける)。

声が大きく威嚇的になったり、逆に小さくなっておどおどしてたり。

 

これらの行動は本人が意識してしているわけでは無く、無意識に自然体でやっている事なので本人はたいして気づいてないです。

 

接した相手だけが感じる事なのでそのままでいるとキャラクター性が疑われかねない・・・。( ゚Д゚)

 

人によっては実社会で生きづらさを抱えてしまって、自信が無くなり更に自律神経が狂ってしまい悪循環のスパイラルに陥ってしまいます。

 

だから電車やバスまたは歩道でも他人に怒鳴っている人、家庭内でイライラして当たっている人、人を信用出来ない人なんかは大抵どっかが痛い人なはずです。

(本人に痛みの自覚が無くてもどこかが血流悪い状態。)

 

実際、怒っている人の背中や肩を触ると例外無く皮膚の表面がすごい張っていますからね?

 

だから色んな意味でも血流って生きていく(生活していく)上でとても大事だと思うんです。

 

鍼をすると「気持ちが落ち着いてくる」「家事や仕事が億劫で、やる前に気合い入れないとやる気が出なかったけど、気合いをわざわざ入れなくなった。」

 

と、精神面と行動に余裕が出てくる報告を聞きます。

 

心と行動が変われば他人からの評価が変わってくる。そうするとその人を取り巻いている環境も好転してくるものだと思います。

 

幸せの定義の一つに「心身の健康」がありますけど、こういうことで本人が人生を幸せに思えるのかもしれませんね!(*^-^*)

 

と更に突っ込んで書きたい事は一杯ありますけど、長文・駄文になってしまいそうなのでこの辺で終わりにしておきます(笑)

 

心身の余裕、ひいては人生の為にも是非鍼灸をご活用くださいませ!!(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みに敏感な人と鈍感な人

こんにちは!

雨が降ったり、快晴になったり、暑かったり、肌寒かったりと忙しい毎日ですね?

 

今回は「痛みに敏感な人と鈍感な人」のお話をしたいと思います。

 

当院でも少しの事(本人にとっては大事)でも「痛い」と表現をする人もいます。

逆に完全に動きが制限されるレベルで「痛い」と口に出す人もいます。

 

正直な話、前者の方のほうがこちらとしても助かります。

大体一回でその症状が消えてくれるので。(^-^)

 

前にもお伝えしたように「痛い」というシグナルは「これ以上いっちゃだめですよ!」という身体からのサイン。

 

痛みの許容範囲が広い人は受け入れながら、もしくはごまかしながら仕事や家事をこなしています。

 

身体のある一部分でも動かなくなって生活に支障が出るのは、生体反応としての急ブレーキを掛けられちゃった状態。

 

特にこれが朝に症状がとても強く出ている状態(起き上がれない等)は個人的に「身体の鬱」と呼んでいます。

一日を始めさせてくれなくて仕事を休まされる。

結果少し落ち着いてから来院されるというパターン。

 

勿論ケアなんかする時間なんて無いという人がほとんどだと思いますが、身体が受けたダメージはその時治っても人生全体では蓄積される様です。

 

誰だって最初の経験はありますが、中高年の方達のお話を聞くと「前にも一回あった」

「若い頃に似たようなことがあった」と教えてくれる方がほとんどです。

 

若い頃の回復力と比較するのは難しく、年齢が上がっていくにつれ免疫力が落ちていくのは事実。

 

良くなるのにも回数と時間が必要になってきます。

 

なるべく痛い期間は少ないほうが良いのは勿論、その間のパフォーマンスが低下している状態での生活はとてももったいない。(>_<)

 

なのでそういう人には「痛み」というより「違和感」でブレーキを踏むぐらいが丁度いいのかもしれません。

 

身体のどこかしらに「違和感」を感じたら是非相談して下さいね!(*^-^*)

 

 

次回は「痛みと感情と行動のつながり」を生意気にも考察して書きたいと思います。(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在宅で仕事をしている人こそ

こんにちは!

 

久し振りにブログを書きます。(^.^)

 

昨日アベノマスクが院に届きました!

 

我が家にも数日前に届いていましたが、まさか職場にも配布されるとは思っていませんでした。

 

でもなんだろう?

 

暑くなってきたから封を開ける気すら起きないんですよね。(=_=)

 

 

今更布マスクがありがたいとも思わないし・・・。

 

昨日百均に行ったら30枚で1300円で大量に売られていたし・・・。

 

まぁそんなこんなで失策だったと思います。

 

ところで、

 

「在宅で仕事をしている人のおよそ七割が身体や心の不調を訴えている。」

 

という記事が昨日、朝日新聞の朝刊に乗っておりました。

 

なんでも通勤に使っていた筋肉すらテレワークだと使わなくなり、血行不良で身体の不調を訴えている人がほとんどだとか(>_<)

 

確かにウチに来てくれている会社員の方達も普段より来院ペースが上がっています。

ご本人たちはかなり気をつけられていて、コンビニ行くのも少し足を延ばして目当ての物を買いに行くといったふうに自助努力を続けられています。

 

ですが、それでも調子は良くないらしく身体や心のストレスを訴えられています。

 

人間は(というより生き物全般)動くために生きている生き物。

 

同じ姿勢を長時間こなせるほどそもそもできてはいないと思います。

 

テレワークだと身体(体力)は使わないけど精神(脳)は使うので頭から先に疲れてしまうでしょう。

 

体力は残っているし、脳が疲労でショートしているしで夜中の睡眠が十分にとれない人もかなり多いです。

 

本来なら睡眠で脳や筋肉が酸化したものを修復するのですが、毎日がこんなだと回復しきれない。

 

合理的な働き方かもしれないけど、身体にとってはとてもストレスの多い働き方かもしれませんね?(一方、現場での人間関係の煩わしさからは解放されて良いのかもしれないけど(*´з`))

 

脳が疲れている時は「あえて何もしない」というのも選択肢の一つの手だと思います。

それでいて身体を動かすのがベストなので、時間や場所に目的や制限を設けるんじゃなくて、ただただ惰性で散歩して気が向いたら公園のベンチに座って木を見ながらボケーっとする。

 

なんてリフレッシュ法なんかもいいんじゃないでしょうか?(*^-^*)

 

以前から言っているように鍼灸は全身の血流の速さを促します。

それによって筋肉、内臓、各諸器官に血を巡らしやすくなります。

 

「なんかすっきりしないなぁ~」と思っていたら血流不足による酸欠状態かもしれません。

 

心当たりあったら当院にガシガシご連絡ください!(^^)v

 

 

 

 

 

 

新しい生活様式

こんにちは!

 

本日緊急事態宣言が関西圏で解除されましたね?

 

首都圏はまだなので、まだまだ落ち着かない毎日を送っておりますが(~_~)

 

解除されたからってそれですべてが終わるわけでは無いので、どうしたらストレスを少なくして生活していけるか・・・。

 

というテクニックを各々見つけていかないといけないでしょうね。(^^)

 

個人的にコロナウイルスの症状をテレビやネットニュース見ていて思ったのは、罹ってしまう人は血液が少しドロドロ気味の人が多いのかな?

と思いました。

 

血流が悪くなっているとサラサラしている血液が濃縮された血液になってしまいます。

その血が血管の中を走行していると、血管の内皮細胞が剥がれ血栓が出来てしまいます。

 

患者さんにはよく説明する例えですけど(血管がゴムホースだったら中の水が血液で、水がザラザラしていたらゴムホースの内側のコーティングが剥がれるイメージ)。

 

これは勿論普段食べている物、飲んでいる物でもそうなりますが内臓の調子でもなります。

 

そして更に意外なのが・・・。

 

毎日楽しい事をやり続け過ぎている人にも起こりうるのです!!( ゚Д゚)

 

 

・・・意外でしょ?

 

楽しい事をしているとワクワクドキドキしてテンション上がりますよね?

 

その感情が出ている時はアドレナリンというホルモンが副腎という臓器から放出されます。

 

ストレスに打ち勝つために人体にとっては大事なホルモンなのですが、「打ち勝つために血糖値を上げる」という作用もあるようです

 

一時の事なら何でもないことなのですが、このストレス社会(コロナで特に)で生きていて、そのストレス発散の為に余りにアドレナリンを出し続けるようなことをしていると慢性的に血糖が上がりやすくなって血流が悪くなってしまいます。

 

そうなってしまうとジェットコースターと一緒で血糖値が急に下がりやすくなる体質になりがちです。

免疫力が低下して心身が疲れている状態ですね。

 

その下がっている時がウイルスが活性化してくるタイミングなのかもしれません

 

欧米の方が急死した例で血栓が多かったというのも食習慣やそういったことが関係あるのかもしれません。

 

これはあくまで個人的に分析した範囲でしかないので、一つの参考程度に留めていて欲しいのですが、何が言いたいかというと・・・。

 

 

食事も仕事も遊びも腹八分!!

 

 

これからはこれがいいんじゃないでしょうか?(*´▽`*)

 

「~過ぎる」は良くない。

 

参考程度に新しい生活様式に取り入れてみて下さいませ。(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご報告

こんにちは!今日は真夏日になりそうです。(>_<)

 

今年の春は例年より平均気温が低かったせいもあって人間の「暑熱順化」というものがスムーズにいかなくなり、夏の暑さへの身体の準備が整わないという状態になってしまいます。

 

それに加えて「自粛による外出制限」の運動不足で汗もかくことなく身体が弱っています。

 

ですので今からなるべく日光に当たるようにして汗をかくことを身体に教えないと熱中症の危険性が飛躍的に上がってしまいます。

 

外に出て動いてお水を飲むようにして、最終的に自分の身を守るのは自分自身なので気をつけて下さいね!(^-^)

 

 

ところで、ご報告があるのですが・・・。

 

 

先日二番目の子が産まれました!!(≧▽≦)

 

 

3300グラム、50センチの元気な女の子です!

 

こんな世の中だから最後まで心配だったけど、ママは頑張ってくれました!

 

確実に産まれるまではオープンにしないと思ってたので、退院して少し経った今になってご報告です。

 

昨日名前も決まり、まだ三人は実家にいて僕は一人暮らしですけど来月には四人暮らしになります。(*^-^*)

 

なお一層仕事頑張らなくちゃなと思っている次第であります。

 

これから出産を控えてらっしゃる妊婦さんも大変で不安だと思いますがお身体ご自愛下さい。

 

以上、最近は暗いニュースばかりで嫌な気分が続いたと思うので、少しでも明るいニュースを!と思った次第で発信させて頂きました!<m(__)m>