仁信堂での日常

主に日常感じた事や臨床で感じた事をアップしていきます。

施術者あるある

こんにちは!

 

湿度が無いとはいえ、最近は梅雨が忍び寄って来ているのを実感する天気も増えてきましたね?

 

出勤時間だけでも晴れててくれないかなぁ?*1

 

 

唐突ですが、僕の使っているLINEアプリが複数人から送られてきているのに数日後に通知されてくることがたまにあるんです。(*_*)

 

通知設定ONにしているのに・・・。

 

これがたまにしか怒らないからすごいストレス(泣)。

 

なにより送ってきた相手に悪いし(/ω\)

 

この場を借りて改めてごめんなさい<m(__)m>

 

という話しちゃったんですけど、これが「施術者あるある」では無いですw

 

 

実は先日通ってくれている友達がふっと頭に浮かんだんですよね。

 

「そういえば最近来てないな」なんて具合で。

 

こういう時って近いうちに連絡があるもんなんですよ。

 

案の定、LINEで連絡あったのに留まっていました(泣)。

 

日付を見ると僕が彼を思い出した当日。

 

改めて院に電話くれたから気付けたんですけど・・・。

 

申し訳ない!!(T_T)

 

こんな感じで他の施術者の人たちと話しててもあるある話で、しばらく来てない患者さんで「あの人最近どうしてるかな?」なんて思ってたら次の週ぐらいに連絡くれたり。

 

来てくれたら「最近行こう行こうと思ってたんですよ」と言ってくれたりして。

 

毎回不思議な体験だったんですが、とある方に聞いてみると「思いが届く」という事らしいです!

 

プライベートでも人と会って、会話してなくても自分が思っていることがその場で相手に感じてもらえたり、逆もあったりで不思議だなぁと漠然と思っていました。

 

だけどこれは限定的な場だけとは限らないみたいです。

 

直接会ってなくても相手に伝わる・届くというのならば出来る事があるのではないか?

 

ハッキリとした理由のある効果が出なくても相手を思うだけで応援する事が出来るだろうし、逆もまたしかりで直接言わなくても相手の事を悪いイメージを持っていると、リアルタイムであちらも悪いイメージを持ってる可能性がある訳で・・・。

 

心が平和な人は相手を悪く見ない。

 

それは相手からも悪く見られてないという事なのかもしれません。

 

「そんな人に私はなりたい」   BY宮沢賢治

 

 

普段から気をつけよう!と改めて思った話でした!!('◇')ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:+_+

五周年になりました!

こんにちは!

 

ゴールデンウィークが終わり、期間中に皆さんはどこかにお出かけされたでしょうか?

 

僕は次女の誕生日が期間中にあったので、横浜のアソビル内にあるハピピランド横浜という有料施設に遊びに行きました!

 

久し振りのちゃんとした外出に子供二人とも喜んでくれたみたいで良かったです!(^^)

 

その日以外は仕事してたから休みボケも無く今日に至っております。

 

 

そして本日五月九日は当院の開院記念日なんです!(^-^)

 

毎日必死にしてたら五年の月日が経っていました・・・。

 

来院して下さった方達のお陰で今も商売を続けられていると思っています。

 

その間沢山の出会いがあり、その人の生活に貢献できた時もあれば全く役に立てなくて悔しい気持ちになった時もありました。

 

たぶんその二つはこれからも続いていくのだろうけど、悔しくなる気持ちのパーセンテージが少しでも下がる様に施術家人生を歩んでいきたいと思います。

 

店構えをして五年も経っている」という心構えで自分を更に次のステージに成長させていきます!!<(`^´)>

 

以上、独り言の決意表明でした!

 

これからも宜しくお願い致します。<m(__)m>

 

 

 

 

 

 

身体の上部の症状

こんにちは!

 

すっかり陽気が上がり春めいてきましたね?

 

というよりも体感的には初夏ぐらいに感じちゃいますけど(笑)・・・。

 

一応気温的には五月の中旬ぐらいらしいです。(^-^)

 

温暖化が加速しているから今年の夏もとんでもないんでしょうね(-_-)

 

春の陽気が上がってくると、うまく季節の切り替えが出来にくい人は首のだるさや頭痛、めまいが出たりします。

 

身体の陽気も上に上がるので頭部付近が気になることがあります。

 

気持ちも上がってくるので外出したくなったり(楽)、頭に血が昇りやすくなったり(怒)と気分的なものにも影響を受けるそう。

 

品行方正にしている人が急におかしい事をしたり、いきなり怒鳴ったりと。

 

一説にはストレスから解放されるためにやってしまうとの事・・・。

 

理性で押しとどめられる(これが一般的に言って正常)人は溜まったストレスの行き場が無くて上部で籠ってしまいます。

 

それによって首や頭が気になってくるみたいです。

 

そうならない為にも普段から自分なりのメンタルケアが必要になってくるのですが、僕のオススメは「足を使った何か」。

 

何でも良いと思います。散歩でもジョギングでも足を意識することが出来れば(^^)

 

この足を意識するっていうところがミソなんです。

 

頭部や首の症状って気になっちゃうと意識がそちらへ集中してしまうんですよね?

 

そこに集中してしますと更に気が集まってしまうので上部優位になってしまう。

 

なので一旦自分の気(意識)を下に集める必要があります。

 

そういうことなので自分で出来るセルフケアとしてはベターな選択だと思うんです。

 

本当はその時々の足のツボを刺激させてあげたほうが良いんですけど、各々で反応しているツボが違うのでここでは割愛させて頂きますが。('ω')

 

症状出てからでの対処は少し遅くなってしまいますが、なんとなくカーッと腹が立った時なんかはやってみて下さい。いくらか落ち着くと思います(笑)。

 

それでも症状が出てて自分の感情面で判断できない時は当院にお越しください。

 

悪くなる理由は必ずあるはずなので一緒に見つけましょう!<(`^´)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでいいのか?という気持ちについて

こんにちは!

 

三月も終わり新生活の四月が始まりますけど、ここ最近はコロナのせいで新生活という実感が持てなくなっていますよね?(+o+)

 

起承転結の少ないというかなんというか切り替えが少なく、ただ四月という感じです。

 

新入社員に会うとかあったら少しは実感出来るのかも知れないですけど、リモートによって会う機会、教育する機会が無くなったらフレッシュさが無いかもしれませんね?

 

まぁボヤキを言いたくて書いたわけでは無いので何が言いたいかというと・・・。

 

ネットの記事で読んだのですが、新入社員の半数以上が不安な気持ちを抱いているらしいです。

 

時世を考えれば当然だと思うのですが、不安に思っている人の大半が安定感のある大企業に就職している若者たちらしいです(驚)!

 

その理由が「叱られない」「ゆるい、ぬるすぎる」といったことらしいです。(驚✖️驚)!

 

昨今コンプライアンスパワハラと神経質になっているのに若者はある程度の締まりを望んでいるみたいです。

 

勿論、ある一定の人は楽ができるならばそれがいいって言う人もいるでしょうが半数の人はそうではないみたいです。

 

でもこれってすごい気持ちがわかるんですよ(-_-)

 

僕も新人の時は自分を伸ばしていくのに必死でしたもん(笑)

 

その職場に留まってさえいれば結構な収入を得られたであろう時期もありましたし・・・。

 

それでも将来の目標までの時間を考えると、長く滞在したら自分が延びるはずの旬な時間が消えてしまう!

と思ってその時自体は居心地が良かったのですが次のステップに進みました。

 

今では独立していますが、家族を持っている状況だと正直あの時の様な決断をするのは難しいかもしれません。

 

この歳になって解ったのですが「全てを犠牲にしてでも自分の信念を貫く」事ができるのは正直若いうちだけだと思うので、収入や将来の安定も考えるのは勿論大事なのですが、がむしゃら出来る時期はがむしゃらになった経験の方が大事だと個人的には思っています。

 

自分の人生の後悔は人の言った通りにやって失敗したこと。

 

自分で決断して行動し失敗したことってあまり失敗したと思わなかったんですよね(笑)。

 

目的を達成するための材料だったんだろうな。なんて。

 

いくつになってもトライは出来るけど、それをする旬な期間というのは確かに存在すると思います。

 

だから不安に思っている人は考え続けると無限地獄で終わらないので、自分が信じるものがあったら飛び込んでしまうのも吉だ思います。(^-^)

 

大抵どうにかなりますから(安心)(^.^)

 

上から目線の話になってしまいましたが、こういう意見もそのまま言われた通りにせず(笑)、ご自身で考えて決断してみてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れてるから頑張っちゃう?

こんにちは!

 

先日の地震ビックリしましたね?(+o+)

 

我が家のマンションでは停電を起こし、それから何故かネット回線が止まってしまってインターネット関連が家で出来なくなりました(泣)。

 

固定電話を置いているお宅は電話も使えないみたいです・・。

 

どうしてこんなことにっ!!(; ・`д・´)

 

いつも当たり前に使えていたものが使えないのがこんなにも不便なものかと(*_*)

 

来週の水曜日にNTTの人が来て見てくれるみたいなので、それまで我慢!!

 

 

それはそうと・・・。

 

最近「もしかしてそうなのかな?」と気づいたことがあります。

 

それは、「バリバリやっちゃう人は疲れているせいなのか?」という事です。

 

自分を振り絞る様に、または傍から見たら完璧主義のような仕事する人。

 

それによって体調不良を起こしてしまい病気になったり入院してしまったり。

 

通常時は元気なので自己の底が見えなくなってバリバリいけてしまう。

 

そして急に肉体的・精神的なブレーキがかかるようなことが起こる。

 

そのループがしんどいんです*1

 

自分の中のアクセルがどのぐらい踏み込んでいればいいのか、ギアがマニュアルじゃなくてオートマしかない。

 

故にバッテリーが上がってしまうまで走り続けるイメージ。

 

これが何回も身体を壊すと本人の中でエンジンの挙動やブレーキペダルの摩耗を感じるように身体の変調が解るみたいです。

 

そこで初めてギアを落としたりするみたいです。

 

ですが病気は人の価値観を十分に変えさせますが、そもそも前提としてなんでバリバリやってしまうのか?

 

鍼を施術していると初診時の印象と何回かやって症状が落ち着いた時の患者さんの顔や雰囲気、性格的な物まで変化していることに驚く時があります。('Д')

 

あれ?この人本当はこんな感じの人だったんだ!て具合に。

 

それはそうですよね?痛いし辛くて来てるんだから。そりゃ元気なかったり顔が怖かったりしますよ。(*´ω`)

 

僕の経験上でしかないのですが、バリバリやってる人はなんというか「圧が強いです。」

 

問診していても低姿勢でいてくれてるんですけど、何かに負けない様な意思を感じさせるというか。

 

それが本人自体の事なのか誰かを対象にしているのか分からないんですけど「負けない!」という強さを感じます。

 

良くなってくるとそのイメージが薄れていくんですよね。・・・あくまで主観なんですけど(笑)

 

落ち着いたころかな?というタイミングで「最近仕事に対する姿勢はどうですか?」

と聞くと「あぁ、適当にやってます!」と言った具合に肩の力が抜けた返事を返してくれます(^-^)

 

一見すると意識が低くなっちゃってる印象を持たれてしまうんですが、実はこの状態が最も仕事の効率化が進む状態だと思います。

 

疲れている時は余計な力が入ってしまっている。

 

自分の能力を発揮できるのは自然体で力が抜けている状態で、これは僕の施術もスポーツの世界でも各仕事でも同様だと思っています。

 

バリバリやっている人を見ていて(昔のストイックな自分を思い出してもw)最近そう感じました。(*^-^*)

 

気分が上がっている時ほどあえて休養を入れてみて下さいね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:+_+

花粉の季節

こんにちは!

 

お彼岸までは三寒四温で気温も上がったり下がったりですけど、花粉が飛んでるのをとても実感してきました。(+o+)

 

症状が出ている時は鼻も目も辛くて集中力が出ませんよね?

 

顔も締まりが無くなってくるのでやる気が起きないし・・・。

 

そこで

 

毎年恒例なのですが、当院では花粉症治療をしております!

 

手に短い鍼を入れておくだけ(2ミリぐらいの深さ)の簡単なものなので、それだけでも薬要らずでワンシーズン乗り切れます。(^-^)

 

今は健康・未病が重要視されているので、花粉症といえど余計な薬はなるべく服用しない方が内臓を傷めないで済むのでお身体にはとても大切だと思います。

 

症状が出ている人はツボが強く反応しているので押すと痛いかもしれませんが、馴染んでくると押しても痛くなくなってきます。

 

習慣的に貼っている方や毎シーズン貼る方はここのツボの反応が薄くなっていて、翌シーズンもそれ程キツくないとの報告も受けています。(^^)v

 

(注)アレルギー自体は存在しているので完治するわけでは無いのでご了承下さい。

あくまで症状を極力抑えている為にあります。

 

僕自身も花粉症持ちですが、これを毎年しているのでもう10年以上花粉症の薬を服用していないです。

 

料金は

一回1000円で一週ごとに貼り換えになります。

 

シーズン終了(各々の症状が落ち着くまで)まで継続すると、その間の余計な疲れは経験しなくていい筈♪ (^-^)

 

自然に楽に過ごしたい方は是非お問い合わせくださいね!(^.^)

 

 

 

 

 

 

精神的な理由での不調

こんにちは!

 

かなりご無沙汰になってしまいました。( ゚Д゚)

 

大分体感的にも暖かくなってまいりまして、花粉の飛散の予感を感じて来てまいりました。

 

季節ものじゃなくても季節の変わり目で体調が悪くなる人もいます。

 

一見その時期に発症したように感じますが、一つ前の季節に原因があったりするみたいです。

 

人間の免疫には時間差があるみたいで、例えば「歩いてるときよりも立ち止まった時の方が汗をかく」「運動した翌日に筋肉痛が起きる」「風邪で熱を出している時は苦しいけど翌朝にスッキリする」。

 

と言った具合に前提として免疫が働いてから結果が出ます。

鍼も症状に変化が出てから翌日ぐらいに安定感が出てきます。

 

前の季節にどんな過ごし方をしていたか?疲れを引きづってきていたか?

 

と考えれば思い当たることもあるかもしれませんが、盲点なのが「精神的な理由」です。

はっきりと自分の中で脅威となる理由なら自覚できるのですが、自分でも自覚が無い事(というよりは認識できていないと言った方が適切かもしれません)もあります。

 

血液検査もレントゲンもMRIも全て異常なしと言われている人が来院されていると、お話ししていく中で色んな隠れた精神的理由が浮き彫りになってくるの見つかってきました。

 

・「好きな事を異常な時間やっている」

 

・「ストイックになり過ぎている」

 

・「良い人間であり続けなければならない」

 

他にもありますが以上のような例はご本人の中では自覚があっても今の症状には関係ないと思っている、もしくは無自覚でいらっしゃることが多かったです。

 

身体が悪くなるとまずは形ある物、目で確認とれる物から疑ってしまいですが、病気というのは「気持ちが病む」と書くのですから疾病前だろうが後にでも気持ちは病んでしまうのでしょう。

 

筋肉(内臓も)の使い過ぎ・負担の掛け過ぎ以外では結構な理由になってると思うのですがどうなんでしょう?(~_~)

 

じゃあどうすればいいのさ!という訳ですが、僕自身が推奨しているのは自分よりポジティブな人とお話しする事が良いと思います。

 

そこには知識や解決法なんて必要なくて不安やネガティブな感情を一瞬でも忘れさせてくれる相手が望ましいと思います。

 

誰よりも自分自身が真剣に今の事を考えている筈なのでこれ以上考える機会はいらないと思います。

 

 

・・・勢いに任せて思います思いますの箇条書きが連続していますが(笑)

 

 

今を楽しい気にさせてくれる人が一番の処方箋なのではないでしょうか?(*^-^*)